ライティング

ライティング

この世に文字という概念が生まれて以来、声によるコミュニケーションと並んで、それは最も有用な情報伝達の手段として用いられてきました。書物、新聞、広告、手紙など、あらゆる媒体に姿を変え、多くの人々にメッセージを伝え続けてきました。それはこれまでも、これからも変わることはないでしょう。
文字は私たちの祖先が遺した偉大なツールですが、一般的に使われているからこそ、厳密なルールが存在しています。ある物事を正確に伝えるためには、正確な記述と表現方法が必要とされるということです。
しかし言葉、特に日本語は難しいもので、一語一句の捉え方が受け取る側によって違ってくるのも事実です。文学など芸術的な分野ならまだしも、情報発信や広告といった場合においては、より正確に伝えることが要求されます。ライティングとは誰にでもできる反面、大変シビアな作業であると言うことができます。

言葉のニュアンス

図 言葉のニュアンス たとえば、「愛」という単語を見て、どのような印象を持たれるでしょうか。あたたかな安らぎでしょうか。情熱的な炎の揺らめきでしょうか。はたまた、辛く苦しいものでしょうか。単語が与えるイメージは受け取り側の経験や気分によっても変わりますが、なによりそれを左右するのは文脈であり、修飾語であり、つまりはテキストそのものなのです。
的確なテキストを掲載することで、伝えるべき情報を正確に伝達するだけでなく、意図する印象さえも与えることができる言葉は、慎重に、丁寧に扱うべきものだと考えています。

Webサイトにおけるテキストの役割

図 言葉のニュアンス 閲覧者がWebサイトを訪れたとき、まず目に飛び込んでくるのは画像やレイアウトといった視覚的な部分です。第一印象を与える部分と言うこともできます。
対してテキストは、どちらかと言えば後に読まれる部分です。それどころか、前述の画像などで得た情報から、閲覧者が自分に必要ないページだと判断した場合、テキストを読むことなく違うページに行ってしまうでしょう。
では、テキストは間違っていなければ良いのかと言えば、それは大きな誤りです。何を伝えたいのか、たとえば、提供しているサービスや商品にはどんな魅力があって、どのようなユーザーに有益で、値段はいくらするのか。そういった詳細情報をテキストに明記することで、ユーザーを購入や契約に導いたり、続きのページを読んでもらえる可能性が高まるのです。