イラストデザイン

イラストデザイン

Webサイト制作(Web制作)、会社案内・名刺・ポスターなどの印刷物などのクロスプラットフォームを利用した効果的な販促・集客力のあるデザインをご提供いたします。

デザインアプローチの重要性

Webサイトや出版物など、企業がユーザーに向けて発信する情報・製品・サービスなど全てが企業のイメージを連想させる物となります。企業のロゴ一つとっても同様のことが言えます。
企業の内情や人事体制などをユーザーが一般的に知る機会はあまりないので、ユーザーはそういった外部から閲覧できる情報を元に、企業に対するイメージを持ちます。
コンセプト・目的などを考慮に入れターゲットに対して的確なデザインアプローチを行うことで、ユーザーに対して好感度の高い、狙い通りのイメージを連想させることが可能になります。

デザイン面からのアプローチ

どんな優れた商品であっても、ユーザーの興味を引かなければ注目を浴びることはありません。
人間の興味の発端の多くは「視覚」であり、すなわちユーザーへのアプローチの第一に挙げられるのがデザインとなります。
ターゲットユーザーの印象に残るデザイン的アプローチを行うことが、商品・サービスを成功させることの出発点となります。

視覚的アプローチ

スーパーのチラシを例にとりましょう。
スーパーのメインターゲットは多くの場合「主婦層」になります。主婦は家計を少しでも安定させるために「安い」物に興味関心を持ちます。
そのためスーパーのチラシはインパクトがある形の中に「70%OFF」「3日間限定!」など「安さ」に関連する用語を入れることにより、ターゲットの心をつかむようにデザインされています。
このように、想定されるターゲットの興味関心を引き出すレイアウト・デザインを施すことが重要となります。

情報的アプローチ

視覚的アプローチに成功したら、次に必要なのは情報的なアプローチです。
視覚的に興味を持ったユーザーは次に、商品やサービスの内容が自分に必要ものかどうかを判断するために公開されている情報を閲覧します。
情報的アプローチはキャッチコピーや文章の内容さえ優れていればよいと考えられがちですが、情報を掲載するレイアウトや写真の配置・大きさ、キャッチコピーの色などデザイン的な面からも考慮すべき内容が多々あります。
販売者(制作者)側が意図するイメージを正しく伝えるためには、商品コンセプトやブランディングにあった情報的アプローチを行うことが必要です。