メルマガライティング

メルマガライティング

ECサイトはもちろん、情報系のポータルサイトにとっても、ユーザーを誘導し、アクセスにつなげるメールマガジンは、重要な広告媒体であると言えます。
効果的なメールマガジンをご提案し、アクセスや売り上げのアップを図ります。

メールマガジンは費用対効果の高い広告媒体

図 ニーズにあったメールマガジン 商品を購入した企業や登録したWebサイトから、新商品のお知らせや様々なトピックスを盛り込んだメールが届くことがあります。これはメールマガジンと呼ばれ、チラシのように配布され、ユーザーに情報を届けています。

そのジャンルに興味を持っているユーザーであれば一通り読んでもらえる場合もありますが、興味のないユーザーには、ただの長文メールとなってしまう可能性があります。

メールマガジンを配信する以上は、受け取ったユーザーに目を通してもらい、売りたい商品やキャンペーンなど、伝えたい情報を理解してもらう必要があります。

印刷物を郵送するDMに比べればインパクトは劣りますが(HTMLメールであればそれなりの見た目を表現できます)、コストも制作時間もそれほどかからないため、有効に利用すれば、費用対効果が非常に高い広告媒体であると言えます。

ジェイテンネットでは「読まれている」メールマガジンを分析、研究し、お客様のニーズにあったメールマガジンを執筆、ご提案させていただきます。

有益ではないメルマガは、迷惑メールと同じ

図 読んでもらえないメールマガジン メールマガジンはマガジン(=雑誌)と名がつくだけあって、長文になることがほとんどです。基本はテキストですので、チラシやカタログと違い、流し読んでもイメージがつかみにくいものです。

例えば、以前ネット上で買い物をした家電量販店からメルマガが届いたとしましょう。挨拶のすぐ下から、

商品名
キャッチコピー
商品ページのURL

と、延々と商品説明が続いていたら、ユーザーは最後まで読んでくれるでしょうか。
品薄の人気商品、本当に安い特価商品ならまだしも、ただ商品を並べるだけでは写真の無いカタログであり、ユーザーへの訴求力は非常に弱いでしょう。

雑誌のように、ユーザーが読んでみたいと思う特集や連載を掲載する方法は有効です。メルマガは内容を伝えることも大事ですが、それ以前に読んでもらえることが大前提となります。読んでもらえないメルマガは、ユーザーにとっては、迷惑メールと変わりません。