ショッピングモールへ出店

ショッピングモールへ出店

自社Webサイトの中でショッピング機能を設置して販売を行うと、運営コストも安価で思い通りのショッピングサイトが作れますが、独自開発となるとショッピングカート類の開発コストは数百万円を超えるケースがほとんどです。
さらに、リアルビジネスの経験があっても、インターネットショッピングの運営経験が無い場合は、移り変わりの激しいインターネットの世界では、ほとんどの店舗が運営に失敗しています。
簡潔に言えば、独自にネットショップを開設するということは、莫大なコストと大きなリスクを伴うものであり、またそれに見合うリターンも保障されていないということです。
初期投資を極力抑え、リスクを軽減するために、ショッピングモールに出店するか、ネットショップコンサルタント会社に運営を依頼する方法があります。
その中でも、経営ノウハウを学びながら運営できるショッピングモールへの出店が一番手軽で集客力もあるので、成功への近道と言えます。

どのショッピングモールに出店するか

インターネット上のショッピングモールは、代表的な「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」の他に、大手のIT企業が運営するモールもあります。
その他にも知名度は低いが運営コストも安いといったショッピングモールや、商品数が少なくても運営できるショッピングモールも多数存在しています。
出店のコストや知名度も違う、これだけ多数あるショッピングモールの中から、どこに出店するのが望ましいのか、考えどころではあります。

ネットショップに必要なのは集客力

商店街等のリアルビジネスを例にすると、人通りの多い商店街と人通りの少ない商店街に同じ商品を同じ価格で扱うお店があった場合、どちらの店舗の売上が高いかは明白です。

人通りの多い商店街に出店したほうが売上は上がりますが、当然家賃も高くなります。これをインターネット上のショッピングモールに置き換えると、出店するモールを選別する材料として、集客力と出店費が挙げられます。
インターネット上のショッピングモールで一番の集客力を持っているのが楽天市場ですが、もちろん出店費も一番高く、楽天スタンダード(小規模出店)で5万円/月(1年契約)となります。

この値段を聞いて高いと感じますか?安いと感じますか?リアルビジネスの店舗に比べてみると、格段に安い価格だと思います。ネットショップはこうした出店するまでのコストが、実店舗に比べて安い点も利点であると言えます。