ネットショップは儲かるのか?

ネットショップは儲かるのか?

ホームページ・新聞・本・雑誌などの各メディアで、ネットショップで成功したケースの紹介記事を何度か目にされた事があるかと思います。そのほとんどの記事は「開店当初の数ヶ月、数年はさすがに苦労したけれど、現在はこんなに売れている」などの成功事例が掲載されていて、あたかも「ネットショップの開店=儲かる」の図式が成り立っているかのようにさえ思えます。
このような記事を見て、ネットショップ(eコマース)は簡単に開店できて利益を大幅に上げてくれると錯覚して受け取られる方も多いのではないでしょうか。
実際のところ、インターネットを利用したネットショップで利益を生み出している店舗はごく一部です。移り変わりの激しいインターネットの世界では、常に時代のニーズに合わせる努力や、顔の見えないお客様とのやり取りも重要な仕事となります。そのようなきめ細かな運営が、売上を上げるための必須条件と言えます。

ネットショップ開店までの心構え

開店からネットショップを軌道に乗せるまでの苦労は、ネットショップを運営している方であれば、どなたでも経験があるかと思います。
しかし、開店当初に費やす必要な労力、費用を知っておけば、事前に何をやるべきかが把握でき、準備ができるのではないでしょうか。
「ネットショップがこんなに大変なものだとは思わなかった」「思ったより運営コストがかかりすぎて、利益につながっていない」
ネットショップを運営している店長さんからはこんな声を良く聞きます。

インターネットビジネスは既存のビジネスとは少し勝手が違うため、これまで培ってきたビジネスと同じような考え方では取り組めない事に最大の原因があります。eコーマスを利用したビジネスを開始する際には、事前にできるだけの知識を覚えて把握しておくことが何よりも重要となってきます。
ネットショップを利用したインターネットビジネス全体を把握する事により、問題点が発生した場合にも、対処方を考える材料となり、解決する為の糸口へと繋がっていくのです。

そこで重要となるのが、ネットショップの開店資金、運営資金、利益率を計算して、ネットショップの損益分岐点を見つける事です。ネットショップの損益分岐点が把握できれば、店舗経営状態の管理が安易になり、理論的な数字目標を立てることができます。
また、問題点に直面した店舗をどのように運営するべきかの判断材料となるのです。
ネットショップを運営していく為に必要な知識をご理解いただき、狙いどおりの利益を上げられる経営のサポートをお手伝いさせていただきます。

成功のヒント

  • 商品に専門性がある。
  • 専従した店長(店舗責任者)がいる。
  • 同業者の動きを常に把握する。