制作体制

制作体制

ジェイテンネットはITビジネスに対して、お客様が望む効果が十分に発揮できるように、「プロフェッショナルマインド」を持ったスタッフがコンサルティングを行い、IT導入のトータル的な企画からWebサイト制作及びウェブシステムの開発までを、中小規模な開発であれば1〜2人の担当者が、打ち合わせから 制作、納品までの作業を行います。
それにより、お客様の要望をより忠実に具現化する事ができ、要望した内容との納品物の相違点がなく、ローコストでスピーディーな制作ができるのです。

専門性に基づいたディレクションが最良の結果を生み出します。

一般的なWebサイト制作会社の場合、Webサイト制作にあたり営業担当者がお客様と打ち合わせをして、その内容をウェブディレクターに伝え、ウェブディレクターからデザイナーやHTMLコーダーへと情報が伝えられます。

そこにWebシステムの導入が必要であればシステムエンジニアに情報を伝え、システムエンジニアからプログラマーへと情報が伝えられていきます。この情報 伝達には時間がかかり、情報伝達の為に数回のミーティングや、情報共有化の資料等を準備するコストも制作費に加算されます。

また、Webサイト制作のメンバーが多数になるほど、情報伝達の過程で当初の意図とずれてしまうケースも多々あります。

従来のWebサイト制作システム

弊社の場合、プログラマーやデザイナー、ライターなど、専門知識を持った担当者各々がディレクション能力も備えておりますのでスムースな制作進行はもちろん、企画段階からトータルでご提案、制作が可能です。Webであれシステムであれ、お客様のご要望を可能な限り具現化するばかりでなく、各担当がダイレクトにご要望を伺うことで、必要な要素の把握と最良の手順を想定することが可能となり、結果的に制作工数の短縮化とコストの削減が可能となります。

ジェイテンネットのWebサイト制作システム

徹底したリスク回避は大幅な効率化につながります。

伝言ゲームという遊びがあります。一人ずつ内容を伝達し、最初と最後でどれだけ違っているかを楽しむゲームです。正確に伝わる可能性も大いにありますが、このゲームは「エラーが発生する」ことを前提にしています。そして、人数が多くなるほどエラーが起こる可能性は高くなります。

制作の仕事に関しても同じことが言えます。もちろんゲームと仕事は別物ですが、設計図ではなくご要望のみを伺った段階では、お客様の意図される完成図と、制作者が思い描く完成図に差異があるのは当然と言えます。

ここで弊社のディレクターでもある制作者の真価が発揮されます。可能な限り制作者自身が直接ご要望を伺うことにより、お客様が思い浮かべられた完成図を自らのイメージとして書き出します。

このような方式をとることで、お客様と制作者の間に第三者のディレクターが介入する一般的な方式に比べ、ご要望やそれを形にするための必要手順、作業が正確に把握できるので、設計から微調整までの制作工数が減り、効率的に行えます。