(X)HTMLコーディング

大規模サイトの設計、テンプレートページの制作等、ご要望に応じたコーディング作業をお受けいたします。

大規模なサイトの設計から構築まで

数ページのサイトでももちろんですが、大規模なサイトは特に、制作前の設計が重要となります。コンテンツの内容やサイトの趣旨を把握し、完成までを見据えた設計、適切なマークアップを行うことにより、制作の効率化とSEO対策、ユーザビリティ、アクセシビリティ等の充実を図ることが出来ます。豊富な実績とノウハウに基づいた価値あるコーディングをご提供いたします。

CSSを利用したコーディングのメリット

従来のHTMLコーディングは1ページ1ページに背景色、線の色や文字の間隔など見栄えに関する指定を記述していました。この場合、背景の色を変更したいなど全体のページに影響する修正を行う場合、全てのページを修正する必要がありました。
CSSは見栄えに関するデータを外部に持つことが可能ですので、CSSファイルを修正することで見栄えを一度に変更することが可能なため、運用時の修正を容易に行うことが可能となり、結果運用コストを軽減することができます。

また、見栄えに関するデータを外部に持つことにより、(X)HTMLファイルをシンプルな構成にすることができ、サイトリニューアル時のコンテンツの移行なども従来のHTMLファイルを移行する場合と比べ、短期間で行うことができます。

既存のHTMLページをXHTML+CSSページに変換

既存のHTMLでコーディングされたページをXHTML+CSSのコーディングに変換いたします。ソースを整理しメンテナンス性が向上するとともに、適切なタグで再コーディングすることによりSEO対策にも寄与します。

Movable Type等によるページ生成

ページ数の多いサイトに関しては、Movable TypeやWordPressを用い、効率的かつ短期間にページの生成を行います。サイト内容やデザインにより適切な手法が異なりますので、ご希望のお客様はご相談ください。