Webユーザビリティ

ユーザビリティ (Usability) とは、「特定の利用状況において、特定の利用者によって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」と国際規格のISO 9241-11によって定義されています。
ウェブページにおいては、「ページを訪れたユーザーがどれだけ快適に操作できるか」を意味します。
ジェイテンネットでは下記のようなユーザビリティ配慮を前提とした、ウェブサイトの設計・デザイン・コーディングをご提供いたします。

ユーザビリティの評価基準

ウェブページの使い勝手のよさは、

  • ページ内の文章やボタン
  • 画像などの各要素の分かりやすさや大きさ・配置
  • 操作の学習しやすさ・覚えやすさ
  • ページ間移動の効率のよさ
  • ページの読み込み時間の短さ
  • デザインの統一性
  • 文章の統一性
などの様々な観点から評価されます。

ユーザビリティ設計のタイミング

では、どの段階での設計が最良なのでしょうか。
ユーザビリティを考慮したページを制作するには、作り上げてから使い勝手を考慮するよりも、あらかじめ使いやすいように設計して制作する方が効率的です。
また、将来的にコンテンツが増えることを想定して、デザインやナビゲーションに矛盾や破綻が生じないように考慮することも重要となります。

結果としてウェブユーザビリティを向上させることは以下のような効果(サイト目的達成率の向上)が期待されます。

  • ページの再帰率アップ
  • ユニークユーザのページビュー増加
  • ECサイトにおける商品の購入率アップ
  • 資料請求率のアップ

※再帰率...リピート率、ウェブサイトへ再度訪問する率

サイトリリース後にユーザアンケートなどから再評価を行い、再設計を行うことでよりターゲットユーザに対しより成功率をUPしていくことも重要となります。

具体的なユーザビリティ対策例

パンくずリストの設置

ユーザーがサイト内のどこにいるのかを確認するのに、最もわかりやすい手法であると言われています。パンくずリストがあると、検索エンジン等からトップページ以外に直接アクセスした場合でもユーザーは現在の場所を確認することができます。

カテゴリの区分

ユーザーが目的のコンテンツにスムーズに到達できるようにするには、カテゴリの区分とナビゲーションが非常に重要となります。ユーザーの目に止まる位置に、わかりやすいナビゲーションを配置することで、ユーザーはストレスなく目的のコンテンツに到達することができます。

ページ導線の設計

ユーザニーズに対して的確なリンクや情報(たとえば製品ページから資料請求など)を設計し、ユーザが迷うことなく目的の情報にたどり着けるようなページ構成を行うことにより、離脱率を低下させることができます。

上記のような対応の他、最適な文字サイズや行間、場合によってはコンテンツの内容を簡略に表した画像の用いることで、ユーザーに目を留めてもらうことにより、ターゲットユーザへの訴求が高まります。